2005年03月27日

★アツイコトバ /杉村太郎著

私の採点 ★★★★



著者: 杉村 太郎
タイトル: アツイコトバ



たった一つの言葉で人生が変わることは、よくある。私もそう信じている。

この本は、そういう言葉をたくさん集め、読者に活力と勇気を与えているのだという。日経新聞の広告で見かけて、ついつい購入してしまった。

「死ぬ気でやれよ、死なないから」

など、名言(迷言)の数々が右ページにデッカク掲載され、左ページにその解説が載っている。
持ち歩きやすいようにサイズは薄く、装丁も目立つがシンプル。
人生やビジネス、恋愛、家庭のゴタゴタ……。ふっと道に迷いかけ、自分の立ち位置を見失いかけたとき、この本にはじめて触れたときの時間を再度確認するためのものだ。

そういう意味で、これは読み物ではなく、見る物だと思う。

発売以降、特に若い、これから就職に向けて活動されている人に受けているらしいが、それは、ベストセラーでもある「絶対内定」の著者でもあるからだろう。

著者: 杉村 太郎
タイトル: 絶対内定〈2005〉


このような本は、いかに早く、簡潔に、そうすれば自分を叱咤激励できるか悩んでいる人のために開発されたのかもしれない。
インパクトの強さだけではなく、本のサイズや文字の場所、視覚的な意味づけなど、すべて計算されて成り立っている戦略的な書籍だ。

タイトルを「熱い言葉」とせず「アツイコトバ」としたのも、マーケティング戦略にのっとった刺激的な意味合いを持つ。


しかし、人の人生を変えてしまえるような「アツイコトバ」は、その言葉を聞くシチュエーションや、発する相手の世界観や、そのとき自分が置かれたシチュエーションによって大きく左右され、そしてその言葉の輝きも増したり魅力を失ったりするものではないだろうか。

人生を変える言葉とは、人生を共にする伴侶と同様に、そう簡単に見つけられてしまっていいのだろうか、と思う。

デッカイ文字で書かれた名言の数々を見つめながら、まるで出会い系サイトと(訪れたことはないが)同じようなものではないかと考えた。

この女性の中で、今一番お好みなのは誰ですか?

まるでこの本は私にそう尋ねているかのようだ。
これも大量消費社会で生まれた、産物なのかもしれない。




  >>参考になりましたら、こちらに一票お願いします




posted by マーケ at 07:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) |  ★★★★(オススメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ふだん読む雑誌
Excerpt:  なんか、最近本の紹介ばっかりしている気がする。けど、よく考えるとある人の自宅とかオフィスの本棚とか見ると、その人の考え方とか思考法とか分かったりするのでおもしろかったりする。 &nbsp..
Weblog: アメリカではたらく会計士のblog
Tracked: 2005-04-12 17:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。