2005年03月18日

★非常識な成功法則 /神田 昌典著

私の採点 



著者: 神田 昌典
タイトル: 非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣



神田昌典ファンの方々には怒られるかもしれないが、「あなた、ちょっと調子に乗ってますか」と問いたくなる内容だ。1時間の昼休みに読み流すだけでも、時間が惜しく思える。

急速に成功し、そのカリスマ性ゆえにチヤホヤされたのか、神田さんは本を出しまくっている。しかし、さすがにネタがつきたとみた。出てきた出てきた、やっぱり「成功自慢本」が。たぶんに漏れずあなたもそうなのかと聞きたい。
いいコンテンツを持っているのに、アフィリエイトを散りばめたホームページを見ているようだ。後ろ側に透けて見える「金儲け主義」のオーナーの顔……。 ご自分のブランド価値をもっと大事にして欲しい。

5年や7年に一冊しか作品を発表しないが、非常に高品質のハードボイルド作品を出しつづける、日本のチャンドラー「原 寮」になれとは言わない。だが、最近の神田さんは安売りしすぎだ。せっかく「60分間〜」のような名著があるのに、本書から神田さんと出会った読者は果たして次の神田本に手を出すだろうか。

売れるときに売りまくれ! ――もわからないではない。

だがこのままだと、どこぞのアイドルグループと一緒になってしまう。コンサルタントとしての実績は揺るぎないものだとしても、一定水準の書籍を出していかないと変に安っぽくなってしまわないか。
昨今、小説まで書いているそうだが、ご自身のブランディング戦略は大丈夫ですか、と聞きたい。

しかし私も神田本はかなり購入している。悪いことに(?)なんとフォレスト出版でCDまでも購入してしまっているのだ。
昨年の正月、このCDをリビングで聴いていたのだが、神田氏が「たとえばキャバクラ嬢をくどくとするでしょ」と猥雑な話をするたびに、家事をする妻の手が止まって「何? 誰なの、この人?」と私を咎めるような視線で見てきた。
正直言って「自慢話もほどほどにしとけよ」と言いたくなる内容だった。

60分間・企業ダントツ化プロジェクト」があまりにも売れているので、彼の名声が凋落することはないだろうが、当たり外れの多い作家は信用が落ちる。
神田さんのファンだからといって、何でもかんでも購入すればいいというものではない。

それにしてもよくもまぁ、こんな本が次から次へと出版されるものである。


【目次】
 ∴ 序章 成功は「悪の感情」から始まる
 ∴ 第1の習慣 やりたくないことを見つける
 ∴ 第2の習慣 自分にかける催眠術
 ∴ 第3の習慣 自分に都合のいい肩書きを持つ
 ∴ 第4の習慣 非常識的情報獲得術
 ∴ 第5の習慣 殿様バッタのセールス
 ∴ 第6の習慣 お金を溺愛する
 ∴ 第7の習慣 決断は、思い切らない
 ∴ 第8の習慣 成功のダークサイドを知る




  >>参考になりましたら、こちらに一票お願いします





posted by マーケ at 12:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) |  ★(役に立ちません) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

神田 昌典 (著) 『非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣』 (フォレスト出版)
Excerpt: 神田 昌典 (著) 『非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣』 (フォレスト出版)  おすすめ度:★★★★  神田 昌典 (著) 『あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケ..
Weblog: おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評
Tracked: 2005-11-12 11:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。