2004年03月18日

bk1(ビーケーワン)の利用について


最近やたらとバナー広告が目立つようになってきたbk1(ビーケーワン)

正直言って、名前が悪いと思うのだが、いかがだろうか。覚えにくいし、本屋さんだとイメージしにくいのだ。このようなネーミングはいかがなものか。(アマゾンもそうだが)

それにサイトのデザインも……。もう少し大人のユーザーを相手にしたデザインにできなかったのか。ブリーダーというユーザー制度のネーミングも子供っぽい。
ま、これは好みの問題かもしれない。


そんなことはいいとして、このbk1を利用するメリットは、実は大いにある。

bk1で貯めたポイントが、そのままbk1で利用できるのだ。これは大きい。

本を購入してポイントを貯め、そのポイントを使って本を購入することができる。これはなかなかいい仕組みだ。

楽天ブックスは、楽天ブックスで貯めたポイントを楽天市場などでは利用できるが、楽天ブックス自体ではポイントは利用できない。そのため物足りなく感じるが、bk1だとそれができる。

知名度の低い中堅オンライン書店が大手に食い込むためには、それぐらいのサービスが必要なのだろう。仕方がない。なんといっても商材は同じだし、ユーザインターフェースも似通っているのだから。

利用者へいかに還元するか――ぐらいしか差別化できないのが苦しいところだ。


しかし私のような「読書感想ブログ」を所有しているブロガーにとっては他にも嬉しいことがある。実は私も最近、発見した。

bk1には、書籍ごとにトラックバックがあるのだ!

つまりブログに掲載した書評の本をbk1で検索して、そのトラックバックを貼り付ければ容易に書評をアップすることができる。

bk1はこうして書評集めをしている。今のこの時代、もしかするとアマゾンよりも多く、そして早く書評を収集できるようになるかもしれない。これはうまいやり方である。私も思わずうなってしまった。





posted by マーケ at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  bk1(ビーケーワン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。